「ボンドカーズからの訴えが来ない」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

ご登録後に会員専用動画トレーニングにてご覧ください。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「ボンドカーズからの訴えが来ない」

 

さて、延々とボンドカーズとの裁判に関して書いてきてますが、結局、内容証明が二通届いてからなんの進展もありません。

検索ワードもサーキット、裁判、事故、ボンドカーズ色んなワードで一位を取っているので、うやむやにはならないのは知ってるはずなのでいずれ記事の削除を求めて裁判を起こすと思うのですが、相当めんどくさいのでしょう。

でも僕の中では個人的な怒りも収まり、復讐心で動いているわけではなりません。誰かが死んだわけでも、全財産失ったわけでもないので、そこまで長引く感情ではありません。

しかし、本当に修理に過失があったために事故が起きたかもしれないのに、それを証明せずに被告が逃げ切れる状況を許すわけにはいかないと思ってます。

裁判ではそれでいいかもしれませんが、お客様の命を預かる整備をしている会社の倫理観としてやばいと思うのです。

 

逆に僕のボンドカーズとの裁判奮闘記をすべて熟読した上で、自分の車の整備をボンドカーズに任せたい人はいるでしょうか?

自分たちが整備を確実にしたという証拠を何一つ示せてないし、僕の主張に一つも反論できていなく、逃げている場合。

 

ちなみにこの裁判は車を検査したショップの証言があれば勝っていた裁判です。担当者の証言もそうです。最終的にその証言者たちがいないから棄却になってるということも再度書いておきます。

またまた繰り返しになりますが、本当にボンドカーズが整備をして、過失が全くなかったというなら削除のために裁判を起こすべきですね。

モタドラとして鳴き寝入りをするわけにはいかないので、ボンドカーズからの訴えを待つしかないですね。


>>次の記事に進む:「正しい知識がないのが原因」


>>前の記事に戻る:「続・ボンドカーズとの裁判に関するモトディスコさんのブログ」

 


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る