「久々の砂子塾に行てきました」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

ご登録後に会員専用動画トレーニングにてご覧ください。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「久々の砂子塾に行てきました」

 

今日はまた久々にスポーツドライビングに関する記事を書こうと思います。

実は今回はリハビリということで僕が参加してきました。

ブランパンに出ているM4GT4も同乗させていただき本当に中身が濃い練習会でした。

さて、僕の腕前はどの程度落ちていた方かと言うと、、
 
 

いやー恥ずかしながらアマチュア上級から中の下くらいまで落ちていました。

 
(ちなみに86レーサーズのATのタイムはタイヤが変わるまでずっと僕がトップでしたのでギリギリ上級かと。笑)
 
というのは技術自体は忘れるものではないのですが、オーバーステアに対する反応速度が遅すぎる。。。(笑)
 
 
レーシングカートで雨でもドライでも毎週のように練習してた時と比べたら反応速度は半分。。

以前は勝手に身体が反応していたのに、今やちょっと間がある感じで愕然としました。
 
 
しかし、一度覚えたものはすぐに感覚がもどるのも実感。しかし、基礎練習は常にやっておくべきことだとひしひしと感じました。
 
 
竹内氏も今やゴルフに夢中ですが、、たまには86レーサーズのテストがてら感覚を研ぐためにずっと走っていることもあるとおっしゃっていました。

ですからたまにランボルギーニのスーパートロフェオにポンとでてもポールトゥウィンをできるのでしょう。確か現役のGTドライバーも出ていたレースでしたので引退した人が勝つのはすごいことです。

しかも歳をとればとるほどにどんどん低下していくので、その分、努力しないといけないわけです。

ちなみに毎日、通勤でも車に乗る人はまだましな方です。もちろん、オーバーステアなんて出しませんが、タイヤが潰れている感覚を研ぐことはできるので常に4輪のタイヤの状況を感じながら走ったほうがいいとは色んなプロドライバーの人が言います。

期間が空いても頭では自分の感覚が劣っていると感じることはないのですが、実際にステアリングを握ってみると絶対に劣っています。
 
 
結局、今回の砂子塾でわかったことは自分を過信せず、常に初心に帰って基礎練習を積んだ人間が強いということです。
 
 
皆さんもカートでもいいので常に練習を続けてみてください。


>>次の記事に進む:「ボンドカーズとの裁判に関するモトディスコのブログ」

 
 
>>前の記事に戻る:「ボンドカーズの対応は正しいのか?」

 


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る