「ボンドカーズの対応は正しいのか?」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

ご登録後に会員専用動画トレーニングにてご覧ください。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「ボンドカーズの対応は正しいのか?」

 

以前に内容証明が届いたことをお話しましたね。

記事を消さないと裁判をするというようなものです。

理由は、「裁判で訴えが棄却されているから」というものでしたね。

これも何度もいっていますが、裁判で棄却されている理由は真偽不明だからです。

 

民事裁判ではほぼ9割以上で黒と判断されないと原告は負けるそうです。


つまり証拠がなければ嘘をつきまくって逃げ切るのが裁判のやり方です。
 

モタドラが裁判で負けたからと言って記事で事実を発信をやめないのはこういうからくりがあるからです。

事実を明らかにすることが裁判でないなら、モタドラで追及するしかないからです。

 

まさかボンドカーズも自分たちが嘘をついて逃げ切ったというわけもないので、こちらの提案に乗ってくるべきだと思うのですが、この期に及んでも記事を消せとしか言ってこないんですね。

こちらとしては早いところ裁判を起こしてほしいのですが、何も言ってきません。そのままうやむやにできると思っているのでしょうか?

今この瞬間も、車の整備をやり、お客様の命を預かっているわけです。
仮にミスがあったなら、その事実を認め、再発防止策を取らないといけないにも関わらず、しらばっくれて営業を続けているわけです。
 

モタドラがこの危険な事実を野放しにするわけがないです。

ミスがなかったなら、、、つまりABSのエア以外の原因があるなら一つでも示せばこれは終わるのに、一切言ってきてません。

でも本当に恐ろしいですね。

命を預かる車の整備にからむ裁判で真偽不明だから、棄却にもっていけたという事実だけで、真実には蓋をする姿勢。

真実を明らかにするためのこちらの提案にも逃げるということは今後の再発防止策も打ってないということなのでもはや、殺人未遂と変わらないのではないか。。

もう僕は車屋を信用することはなく、自分の知識と技術を磨くしかないなと思っています。

大手の車屋として多くの命を預かっているボンドカーズグループとしてこの対応は果たして正しいのでしょうか?

ユーザー側の立場を考えて正しいのか?

お客様がもし自分の車に整備ミスがあり、それで事故が起きた場合は、事実を明らかにする姿勢を整備した会社にとってほしいはずです。

決して言い逃れをする姿なんてみたくないですよね。


>>次の記事に進む:「久々の砂子塾に行てきました」


>>前の記事に戻る:「サーキット 裁判」

 


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る