「さらにさらに・・ペーパーロックにフェード!?」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

ご登録後に会員専用動画トレーニングにてご覧ください。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


現在、僕は二年に及ぶ裁判を行っています。

チューニング後の納車の次の日にM6が廃車になった件です。

それによって沢山のお金と時間が奪われていますが、その経験談からモタドラの読者には色んなことを学んでいただきたいと思ってこのコーナーを作ることにしました。

「さらにさらに・・ペーパーロックにフェード!?」

前回は僕が運転操作をミスしたという言い分を繰り広げてきたことを書きました。

極めつけはペーパーロックとフェードをしたという言い分です。

 

モータースポーツ最高峰のF1でもブレーキの不具合を起こすからだそうです。

モータースポーツ最高峰を取り上げるなら最高峰がどれだけの負荷を掛けて走行しているか論じるべきで、僕のテスト走行レベルをF1と比べるのは幼稚すぎますね。

てかそもそもあんたたちペーパーロックとフェードを経験したことあんの?

経験したことないものをよく可能性としてあげてくるねって感じです。

もしくは自分たちの主張を認めてくれるプロレーシングドライバーとかメカニックを連れてきてみなさいよと・・

誰も連れてこれないのは明らかですね・・(笑)

前回も書きましたが、PFCのカーボンパットは製品にフェードはしないと書いてあったのでここは大丈夫かなと。

 

問題はペーパーロックですね。

でもこれも実は過去動画がもっと早いペースでさらにおおい周回数をしているので、十分だと思っていたんです。

しかし、無知の裁判所側が過去動画を比べてもその違いに気づかないレベルなので致命的でした。

スーパーDoT4のフルードが計測1周程度、全部入れて3周未満でペーパーロックするでしょうか?

しかも床まで踏み抜けるペーパーロックがあり得ますでしょうか?

つづく・・

 


>>次の記事に進む:「被告側は誰一人、証人を連れてこない」


>>前の記事に戻る:「今度は操作ミス!?」

 


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る