「62、広場トレーニングをしてみよう」

モタドラ「62、広場トレーニングをしてみよう」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

ご登録後に会員専用動画トレーニングにてご覧ください。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


このコーナーでは管理人が全くのド素人から短期間うちにアマチュアでは中級者以上には入れた経験を元に、これから始める人がどういう順序でスポーツドライビングを学んでいくべきかを順序立てて書いていきます。

「62、広場トレーニングをしてみよう」

まず最初に誤解が無いように書いてきますが、このコーナーで書かれている順番で練習しなければいけないわけではありません。

サーキット本コースに行く前にできることは、

自分の車で公道練習

レンタルカート

レーシングカート

レーシングシミュレーター

広場トレーニング

などなどありますが、必ず必要なのはレーシングシミュレーターと広場トレーニング、

そして公道ではMTに乗るなど普段からの練習は必須ですが・・

一番やってはいけないのはカートだけに偏って練習していけないということです。

必ず、ツーリングカーの動きも身体に覚えさせる必要はあります。

 

では「広場トレーニングはなぜ必要か?」

これは一言で言うとスライドコントロールを身に着けるためにやります。

カートと違って車は1トンを超えて2トンになるような重量物です。

はっきり言えばパワーもあって自分よりはるかに大きい車のスライドをコントロールすることはカートとは全く違います。

そしてモータースポーツを始めたばかりの人はそこに関して一番の恐怖を感じています。

オーバーステアに対する恐怖を克服しスライドコントロールの自信がなければアクセルを踏めないということになるのでスポーツドライビングができないということになります。

スポーツドライビングとはタイヤがべったりグリップしている状況の外側でやるものだからです。

つづく・・


>>次の記事に進む:「63、広場トレーニングをしてみよう~2」


>>前の記事に戻る:「61、レンタルカートで練習してみる~最後に」

 


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る