「そして衝突・・」

モタドラ「そして衝突・・」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

ご登録後に会員専用動画トレーニングにてご覧ください。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


現在、僕は二年に及ぶ裁判を行っています。

チューニング後の納車の次の日にM6が廃車になった件です。

それによって沢山のお金と時間が奪われていますが、その経験談からモタドラの読者には色んなことを学んでいただきたいと思ってこのコーナーを作ることにしました。

「そして衝突・・」

富士スピードウェイの1コーナーの300メートル付近からブレーキを踏みました。

車速は250キロ程度だったようです。

もちろん、このときに全くブレーキが効いてなければ死んでいたかもしれません。


しかし、エンジンブレーキとエアの圧力でパットが押されて微妙にブレーキが効いていたようです。

スーパーGTでも使われているPFCのカーボンパットの摩擦係数の高さに感謝です。

スポーツラジアルタイヤではすぐにロックしてしまうほどのオーバースペックのパットだったので、本来ならつけないところですが、このときはつけていたので幸いです。


実際に衝突したのは1コーナーのクリッピングポイント当たりです。

相手の車両はスターレットだったと思います。

ブレーキを踏んですぐにそのスターレットがステアリングを切ってくると感じていました。

本当は僕の方が相手の運転席に刺さるところでした・・

もちろん、M6ですから、相手の人は死んでしまいます。


僕が一瞬右に避けたことで、相手のスターレットが僕の横にあたってはじかれるという状況に回避できました。

しかもこのときはスターレットのフロントが僕の左前輪にあたり、振りっかえしてスターレットのリアが僕の車のリアタイヤにあたってはじかれた状況でした。

よって僕も綺麗に運転席を避けて当たられたのでほぼ無傷でした。

過去、何回も死んでもおかしくない状況がありましたが、いつも間一髪で助かっているので本当にご先祖様に感謝しています。

とにかく、この事故で双方とも大けがなしで済みました。

つづく・・


>>次の記事に進む:「何やってんだよ!?」


>>前の記事に戻る:「もし今だったら・・?」

 


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

投稿者プロフィール

ishizaki kazushi
ishizaki kazushiモータースポーツ一家で弟は全日本ライダーにもなってるが2輪には興味があまりなく車大好きすぎて色んな大変な思いをしてきた車馬鹿です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る