「19、公道で練習できること~荷重移動編2」

モタドラ「19、公道で練習できること~荷重移動編2」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

ご登録後に会員専用動画トレーニングにてご覧ください。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


※このコーナーでは管理人が全くのド素人から短期間うちにアマチュアでは中級者以上には入れた経験を元に、これから始める人がどういう順序でスポーツドライビングを学んでいくべきかを順序立てて書いていきます。

「19、公道で練習できること~荷重移動編2」

おさらいですが、荷重移動というものはドライバーが意識的にコントロールするものであり、それにより、止める、曲げる、加速するという動作をスムーズに行うことができます。

ここではまずフロント荷重に関して学んでいきましょう。

まずフロント荷重を作る目的は何でしょうか?


これはスポーツドライビングで考えた場合は曲げるためにやります。フロントタイヤを押し付けることにより接地面積が増えてグリップが上がります。ゴムがアスファルトに食い込むことによるグリップアップもあります。

スポーツドライビングではフロント荷重にする意味は二つあります。

一つはフロントタイヤのグリップを上げること、もう一つはリアタイヤの接地圧を抜いてグリップを下げることです。

リアタイヤに関してはフロント荷重にしたら勝手に抜けるので、深く考えることはないのですが、リアの接地荷重を抜いて曲げやすくするという観点からすると意識しておく必要はあります。


それはアクセルを踏んでリア荷重になると曲げずらいということに繋がる考え方です。

知らないと意識的に使うことができません。

まずは公道で意識する上ではブレーキを踏んだら減速Gによりフロントタイヤに面圧がかかりグリップが上がってることを感じましょう。

公道で練習するとしたら高速くらいしかないでしょうが、コーナー手前で減速し、ブレーキを1,2割残した状態でコーナーに入って行く練習をするときれいに曲がって行くはずです。

ちなみにフロント荷重を作ることでステアリング蛇角もすくない角度で曲がって行ってくれます。フロントタイヤの角度が一緒でもフロント荷重でタイヤが押し付けられたら曲がる力が上がるからです。

適切なフロント荷重をかけることでステアリング蛇角が少ない上にアンダーステアも抑えられてタイヤにも優しい運転になります。

フロント荷重が足りない状況ではフロントタイヤの適正スリップ角を超えてしまい、タイヤの角が削れてなくなってしまいます。当然、タイヤのライフも短くなります。

下道でも安全な範囲でやるのが最優先ですが、ターンインの最初は軽いブレーキでフロント荷重を作る意識を持つのもいいことだと思います。

ブレーキを止めるだけの道具ではなく、曲がるためにフロントタイヤを地面に押し付けるコントローラーとして使えれば一歩成長だと思います。


>>次の記事に進む:「20、公道で練習できること~荷重移動編3」


>>前の記事に戻る:「18、公道で練習できること~荷重移動編」


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る