「スポーツドライビングにおける選択肢」

モタドラ「スポーツドライビングにおける選択肢」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「スポーツドライビングにおける選択肢」

スポーツドライビングはタイヤの性能をきっちり引き出し、1000分の1秒でも早いタイムで走るスポーツである。

しかし、状況に応じて常にタイムの出し方は変わってきます。突っ込み重視や立ち上がり重視では方法も変わりますし、厳密にいえば広いコースではドライバーによってラインが多少変わってきます。

もちろん、雨などのコースコンディションによっても方法が変わるかもしれません。

選択肢を決めるにあたっては、確かに本当の100%の物理限界をドライバーが把握することは不可能かもしれませんが、自分が持っている知識とテクニックを発揮して他車より早いタイムを出すことを競っていることは変わりありません。

しかし、タイムアタックのような一周、タイヤと車が持てば大丈夫という競技に関してはもっと単純で選択肢が少ないかもしれません。

ただレースとなると、考えなければいけないことが沢山あります。


それは早いタイムを出すことだけでなく、トータルで早くあり、なおかつ他車より前でチェッカーを受けなければいけないからです。

ここで出てくるのがタイヤマネジメントや燃費マネジメントになってきます。しかも大幅にタイムを落とすことは許されず、同じタイムを出しながらマネジメントしろという厳しい要求を受けて走っているのがプロレーシングドライバーです。

 

ここで質問です・・

あなたは突っ込み重視ですか?

それとも立ち上がり重視ですか?

実はどっちが悪いという以前に、アマチュアドライバーは突っ込み重視が多いかもしれません。というのもスポーツドライビングの優先事項を理解している人が殆どいないので、突っ込むことで頑張ってしまう人がいるからです。

もちろん、突っ込み重視と立ち上がり重視が同じタイムならどっちでもいいでしょう。しかしここで問題になるのはレースなどの長い走行の時です。

こうなると完全にスローインファーストアウト寄りの立ち上がり重視になってきます。

理由はわかりますか?

まずブレーキングを頑張るのはバトルではやりますが、通常のラップでやるのはミスも多くリスクが高くなります。

そして当然、タイヤへの負荷も高くなります。もちろんブレーキそのものの負荷も高くなります。燃費だってよくはないでしょう。

こうなるとマネジメントとしては最悪でレースを戦うことは出来なくなってしまいます。

こう考えるとアマチュアドライバーだってそんなリスクが高い走行方法をとる必要なないと感じてきますね。

PS

このような考え方や知識を当たり前に持っているのがプロレーシングドライバーです。テクニックよりもセルフコントロールや知識を学ぼうとする人が間違いなく一番成長するのは保証できます。


>>GTチャンピオンにプライベートで学んでみる


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

投稿者プロフィール

ishizaki kazushi
ishizaki kazushiモータースポーツ一家で弟は全日本ライダーにもなってるが2輪には興味があまりなく車大好きすぎて色んな大変な思いをしてきた車馬鹿です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る