「モータースポーツに重要な考え方~その3」

モタドラ「モータースポーツに重要な考え方~その3」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「モータースポーツに重要な考え方~その3」

なぜ、ストレートだけだと車は早いのか考えてみましたか?

これは一般常識であり、体感的にわかっていることなので普段、意識して考えることもないでしょう。

でもスポーツドライビングにおける最優先事項とはこの普段なら意識して考えない当たり前のことを掘り下げて考えたときに出てくる考え方です。

では質問を変えて、


なぜ、ストレートよりカーブの方が車が遅いのか?

ストレートとカーブの違いは何かというとタイヤが真っ直ぐか斜めを向いているかですよね。

こういう疑問を持つだけで、タイヤの特性や役割を掘り下げて知ろうと思うはずです。

まずステアリングを少しでもきっていればタイヤの抵抗で加速は鈍ります。もちろん、転がり抵抗と言って少なからず抵抗はあります。

電車は金属製の車輪にしてるので転がり抵抗は少ないです。しかし、代わりに急停車も急発進も苦手です。

しかし、車が曲がるという動きはタイヤの横方向の抵抗によって進行方向が変わることなので、当然、加速も鈍るわけです。

あらゆる物体は地球では減速が得意で加速には時間がすごいかかります。つまりブレーキはなるべく使いたくないのです。もっと言えば0.5秒ブレーキングを遅らせるより、0.5秒早くアクセル開ける方が優先順位は高いということです。


要するにステアリング抵抗をなるべく少なくしアクセル全開率を高めるというのがスポーツドライビングにおける最優先事項になるわけです。

これがわかってくると素早く向きを変えてアクセルを開けるにはどうするかという考え方になってきます。

つまりステアリングを長い時間切っている状況を無くして素早く向きを変えるという意味ですが、そうなってきて始めて以前紹介したヨーモーメントの話が出てきます。

ツーリングカーではターンインにおいてアクセルもブレーキも踏んでいない時間に大舵と言って拳2個分くらい切り込む操作をします。

最後にしっかり車の向きを変えてアクセルを踏み込む態勢を作るためです。

これはステアリングを切り込むことによるステアリング抵抗による減速よりも、しっかり曲げてアクセルを全開にして加速する方が優先順位が高いからですね。

とにもかくにもステアリング抵抗を無くして0.1秒でも早くアクセルを開けれる方法を考えてドライビングのプランを立てることがレコードラインの決定に繋がっていくわけです。


>>柳田真孝のプライベートミーティングはコチラ


>>モータースポーツに重要な考え方~その2


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

投稿者プロフィール

ishizaki kazushi
ishizaki kazushiモータースポーツ一家で弟は全日本ライダーにもなってるが2輪には興味があまりなく車大好きすぎて色んな大変な思いをしてきた車馬鹿です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る