「ソーイング~公道練習方法に関してもう一つありました」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「ソーイング~公道練習方法に関してもう一つありました」」

まず以前の記事で書きましたが、公道で役立つスポーツドライビング練習法は3点です。

1、ステアリング操作によってサスペンションの動きを乱さないでコントロールする練習

2、信号などの停車でブレーキの抜きをショック無しで行う

3、周辺視野を意識した視線の使い方

1と2はサスペンションの動きを意識してタイヤにかかってる面圧をコントロールする練習です。これはスムーズに面圧をかけ、スムーズに面圧を抜く動作の練習です。

車は急な操作がダメな理由の根拠はこのサスペンションの動きとタイヤのたわむ時間軸の問題です。

そして3、に関してはもちろん、安全のためであり、スポーツドライビングとは安全のコントロールもできないようではサーキットにでる資格はありません。

でもあと一つ補足する練習があるとすれば、


ソーイングをしない

これもタイヤの面圧の問題でコーナリング中にステアリングがぶれないように一定の蛇角で曲がっていける練習は重要です。実はこれは視線をあらかじめ進行方向にもっていってないとできないんですが、とにかく面圧を一定にしてコーナリングフォースを引き出したいのにタイヤをぐりぐりするのは最悪です。

 

車の挙動を乱す操作になってくるのでやめなさいということなんですが、タイヤの限界値でヨーコントロールでのソーイングとは別物です。これはリアが外に引っ張れる量をフロントでコントロールしてることなので当然、タイヤの横グリップの限界値での操作です。

スライドしたら戻すというの細かく繰り返し、アクセルを開けながらコーナリングしていく操作です。細かいパワーオーバーステアでアンダーステアを打ち消しながらアクセル開度を開けていくという表現がいいのかもしれません。

あとは竹内氏も言ってますが、ステアリングが戻して切りたすという技でフロントを入れるということもあると・・しかしタイヤの限界値を使えてないのにステアリングが小刻みに動かすのとは違います。

しかし、このステアリングがぶれる不必要なソーイングは公道でも意識しないと絶対に治りません。

こうやって書いてみると当たり前のことがわかるんですが、すべてがタイヤの状態を無視したテクニックはありえないということです。

なのにアマチュアドライバーはタイヤに関する知識を身に着けようとする人が少ない気がします。

タイヤからのサインをどれだけ的確に感じ取れるかを死ぬほど集中して色んな練習をしてみるだけで相当、上級者になれる気がします。

PS

しつこいようですが、公道練習は周辺視野とタイヤを意識した練習以外はスポーツドライビングに直接役立つことはありません。


>>柳田真孝のプライベートミーティングはこちら


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

投稿者プロフィール

ishizaki kazushi
ishizaki kazushiモータースポーツ一家で弟は全日本ライダーにもなってるが2輪には興味があまりなく車大好きすぎて色んな大変な思いをしてきた車馬鹿です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る