「アウトインアウトを公道でやる意味ある?」

モタドラ:「アウトインアウトを公道でやる意味ある?」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「アウトインアウトを公道でやる意味ある?」

ここのところ公道練習法に関してネットでも見かけるので書かせていただいているんですが、どうしても気になるのが、なんでそれが必要か書かれていないこと。

・アウトインアウト

・スローインファーストアウト

この二点も公道で練習しろという記事があります。

ちなみにこの2点がスポーツドライビングで重要な理由がわかりますか?

これはあることにプライオリティを置いているから必然的にこうなります。

もちろん、プロフェッショナルドライバーの次元ではファーストインファーストアウトを目指して技術を磨いているんですが、とりあえずはスローインファーストアウトを意識する必要があります。

やはり最重要課題を理解するためにスローインファーストアウトやアウトインアウトが必要なんです。

答えは・・


アクセル全開率を上げることであり、加速曲線で遅れない為である。とにかくアクセルを全開にするポイントを早めることが最重要課題なんです。

そのために距離も飛び込みを捨ててでも、とにかく早くアクセルを全開にしたい。だからアウトインアウトやスローインファーストアウトを意識しなければいけないことを理解しないと意味がありません。

つまりこれは公道で安全なスピード域で練習することではありません。タイヤの限界値を探りながら立ち上がりギリギリのラインを取っていくからアウトインアウトやスローインファーストアウトになるわけですから。

公道でやる速度域では間違いなく距離損を考えてインベタの方が早いでしょう(笑)


以前、柳田選手も言ってましたが、レコードラインとはそこを通らないといけないラインではなく、早く走ろうとするとそこに行ってしまうラインと言っていました。

つまりアウトインアウトもアクセルをどれだけ早く開けれるかを考えたときに出てくるラインであり、公道で意識する意味がありません。むしろ危険な運転でしょう。

ただ大分、前の記事でも書きましたが、余計な減速をせず、なるべく道幅をつかって横Gを抜きながら、サスペンションの動きもスムーズにコントロールする練習はいいと思います。

サーキットでアウトインアウトだから公道でやるという意味とは違います。

同じ公道練習だとしても目的によって結果が大きく変わるので勘違いないようにお願いします。

PS

まずは目的を明確にし、その次に手段が来ます。最も効率がよい方法を常に選択していきたいものですね。

ちなみに目標達成のコツは最終的な目標を細分化し、小さな達成を繰り返していくことです。


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る