「電子制御に頼りすぎる罠~後編」

モタドラ「電子制御に頼りすぎる罠~後編」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「電子制御に頼りすぎる罠~後編」

まず公道で練習できるものを紹介します。

しかし、これは練習してスポーツドライビングに直結するテクニックです。


・ステアリング操作によってサスペンションの動きを乱さないでコントロールする練習

これは特に同乗者を酔わさない運転でもあります。ステアリングを戻すときにきれいにGを抜いて、サスペンションがニュートラルできっちり止まる練習ですね。そのときに雑な戻しをするとニュートラルから逆方向に振り返して車が揺れます。

これは何を意識したドライビングかというと実はタイヤの面圧コントロールをスムーズに行うこととも言えます。タイヤは急激な動きについてきてくれません。

次は・・


・信号などの停車でブレーキの抜きをショック無しで行う

これも上記に書いたサスペンションの動きをコントロールすることと全く一緒です。ブレーキを完全にリリースしたタイミングでサスペンションもニュートラルに戻す練習です。

このときも丁寧に抜けないとサスペンションが一気に戻って車がはねます。もちろん、同乗者がいたら酔ってしまいますね。

この練習の意識も実はタイヤの面圧のコントロールであり、特にターンインの時の前荷重のコントロールとステアリング操作はリンクしていなければいけない操作です。

最後にほとんどの人が一番おろそかに考えているテクニックがあります。


・周辺視野を意識した視線の使い方

実はスポーツドライビングにおけるもっとも重要な考え方は「安全」です。なんといっても命がけのスポーツであり、自分だけでなく、他車の安全も確保しなければいけません。

自分のことだけに集中して周りの状況を把握できない人はスポーツドライビングどころか公道ですら危険です。そういう人は公道で自動運転に頼るべきです。

まずドライビング中にどこか一点に視線を集中するなんてことはありえません。

特にスポーツドライビングにおいては1割でも2割でも自分が早く走る以外の安全確保のために視野を使うべきです。だから周辺視野を使う練習をする必要があります。

これは公道で練習できます。

ドライビングポジションをしっかりシートに身体を預けた位置にとり、サイドミラーからルームミラーをすべてを視野に入れる練習をするべきです。

これは最初は滅茶苦茶疲れます。しかし慣れてくると意識しなくても勝手に見ているようになります。

がしかし、実はドライビングポジションが正しくないので見れないというのが正しいかもしれませんね。

肘をついて片手で運転したり、前かがみで運転したり、そもそもが間違っています。

これら3点の練習についてはスポーツドライビングに直結する内容です。アウトインアウトやスローインファーストアウトなんてものを公道で練習するよりもまずはタイヤのことを考えた練習をするべきです。

よくわからないネットの記事の公道練習法というのを真に受けてしまわないように、理由と目的を明確にし、自分で説明がつくことをやりましょう。

PS

くどいようですが、なんでそれが必要か自分自身で理解しないとだめです。

「自分の目的は?そのために必要なことは何か?」

常になぜ?を問いかけましょう。


>>「電子制御に頼りすぎる罠~前編」


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る