「ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その9」

モタドラ「ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その9

▽モタドラ無料メルマガ登録▽


【期間限定】

無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その9」

ヨーモーメントに関して色々な記事を書いてきましたが、勘のいい読者はあることに気付いたと思います。

例えば今までの記事では・・

・ヨーモーメントはフロントタイヤが発生させる回転運動を使う。

・ヨーモーメントを使う前にアンダーステアをださない。

・ピッチングで前荷重を作り出す。

つまりヨーモーメントに関してもフロントタイヤが非常に重要な存在であるのがわかりましたね。

さらにブレーキに関してもブレーキを抜いてくる操作が非常に重要で、最終的にはブレーキの技術がモータースポーツでの成績にそのままつながると言われています。

ステアリング操作よりもアクセル操作よりもブレーキ操作の方が繊細で、レパートリーがあるのではないでしょうか?

これは何を意味するかというと、ブレーキ操作とは前荷重のコントロールの為にするととらえることができます。つまりフロントタイヤのグリップ力のコントロールです。

自分が次に行う操作に対して適切なフロント荷重を作り出すことがスポーツドライビングに求められる技術そのものではないかと思います。

でも考えれば当然のことで、フロントタイヤがドライバーが操作できる部分です。フロントタイヤのグリップを荷重コントロールで自由自在にコントロールできるドライバーが早いということになりますね。

(※厳密にはステアリング操作でリアタイヤの面圧をかけるというコントロールはできますが、それはフロントタイヤの操作でロールさせることが起因です。)

実際にスーパーGT最多優勝のロニー選手はブレーキがとにかく上手いと言われています。それはAPGでやっているカートトレーニングでも見ている人が語っていました。

当然、ブレーキの技術は制動距離も大きく変えます。ABS車両であってもABSが入ってない部分の操作でそれは変わってきます。

最後になりますが、ヨーモーメントを使うにはフロントタイヤをグリップさせる技術が必要になります。それには丁寧かつ最適で許される範囲で素早いステアリング操作が必要となります。


>>ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その8

PS

正直、そのためにはステアリング操作によってロール方向の荷重移動がどのように変化させられるかも理解する必要がありますね。それはタイヤの面圧の変化と同じ意味です。

となるとやっぱりセッティングが重要ですね・・


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る