「ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その6」

モタドラ「ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その6」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】

無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その6」

前回は旋回ブレーキ中の減速手段の選択が重要というとこで終わりました。

旋回中の前後の荷重移動の配分がヨーモーメントを使えるかどうかなので、荷重移動とヨーモーメントは切っても切り離せない関係と言えます。

ここでもう一歩踏み込んだ話をします。

荷重移動に関しては実はブレーキなどの減速手段以外にも方法はあります。つまりそれは全OFF以外のアクセルコントロールでもできるということです。つまりアクセルコントロールで車の向きを変えれます。

これは一般公道でも比較的簡単に試せます。MTだと簡単ですが、ATでもローギアを使えばいいと思います。

でもこれコーナーリング中にステアリングがぶれてしまうことから矯正しないとできません。コーナーリング中はステアリングは微動だにせず、出口に対してステアリングは戻す方向のみ動かす。逆算すると視線が重要なんですが、これは普段から意識するしかないですね。

ちなみにこれができるだけでアマチュアドライバーでは中級者以上になるでしょう・・・いや上級者かも(笑)

話はアクセルコントロールで車の向きが変えれるという部分ですが、ローギア(ピッチングが大きいので)で加速しながらコーナーリングをしている状況でステアリングを動かさずにアクセルを半分戻してみてください。フロントがイン側に入っていきます。そこでまた加速すると今度は外に向こうとします。

これは加速による前後方向のGで荷重移動が起きて前後のタイヤの接地面積(グリップ)が変わったということです。

加速でのピッチの度合いでフロントタイヤのグリップが変わり、それに伴ってステアリングを切らなくても曲げようとする力も変わるということです。

これは面圧によってスリップ角が変わることなんですが難しくなるんで、アクセルだけでも荷重移動できると覚えていれば十分です。

フォーミュラなどのダウンホースが強い車はアクセルコントロールの重要性は高いです。

富士スピードウェイでは100Rが非常にわかりやすいと思います。

つづく・・・


>>ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その7


>>ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その5

※お断り※

この記事はスポーツドライビングに役立つイメージを持たせるためにいらない部分を大きく省略することがあるので、物理学としては正確ではない部分があります。物理学として学びたい方は適さないことをお断りしておきます。


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る