「ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その2」

もタドラ「ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その2」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽


【期間限定】

無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その2」

まずおさらいですが、前回の記事ではヨーモーメントは回転運動だと書きました。そして意識するのはフロントタイヤが発生させる回転運動でリアが外側に引っ張られようとする動きを意識するというのは理解できましたでしょうか?

そしてこれは車を早く曲げるために使うということなんですが、ヨーモーメントを意識的に使うと、なぜ早く曲がれるかを理解しないといけません。

極端な例でいうと、レース中にスピンした車が進行方向と逆に止まったときに、クラッチを一気につないでタイヤをスピンさせてUターンしてますよね。あれもフロントタイヤが発生させるヨーモーメントを使っています。もちろんステアリングを切った状態でアクセルオンして向きを変えています。

もしあそこでリアをスライドさせないでフロントタイヤだけで曲がろうとしたらどうでしょうか?

当然、半径も大きくなり、時間もかかりますね。つまりスピンはダメですが、スピン状態というのが車の向きが最も早く変わり、車の持っている最小半径Rよりも小さく回れる唯一の方法です。

スピン状態というのはオーバーステア状況ということで、ターンインするときはこのオーバーステア状況をドライバーが意図的に作り出さないといけないんです。そしてヨーモーメントはオーバーステア状況作るために使われます。

ちなみに念のため書いておくと、なぜ車の向きを早く変えたいかというと、ステアリングを早く戻してアクセルの全開率を上げるのがスポーツドライビングの最優先事項だからです。

しかし、まずヨーモーメントを意識するにもどれがヨーモーメントなのか認知しないと使いようが無いですよね。でも残念ながらヨーモーメントは直接、見ることはできません。

そこで出てくるのが荷重移動という言葉です。これはサスペンションが動くことなんで視覚的にも体感的にも判断できるものですね。

まずピッチングというのは直接、ヨーモーメントとは関係なく、加速と減速でおきる前後方向の動きです。ちなみにこれも回転運動なんです。横から見たときに前後に転がろうとする動きのことです。

そしてヨーモーメントが発生してるときに表れる動きがロールです。これも前後から見たときの左右に回転しようとする運動です。

まずはロールが発生してるときにヨーモーメントが発生していて、遠心力も発生してると理解してください。

つづく・・・


ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その3


ドライビング上級者が意識するヨーモーメント その1

※お断り※

この記事はスポーツドライビングに役立つイメージを持たせるためにいらない部分を大きく省略することがあるので、物理学としては正確ではない部分があります。物理学として学びたい方は適さないことをお断りしておきます。


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る