「あなたのドライビングで求めるものはなんでしょう?」

モタドラ:「あなたのドライビングで求めるものはなんでしょう?」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

モタドラメール会員になることによってレーシングドライバーの動画トレーニングが見ることができます。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)



管理人のつぶやき

「あなたのドライビングで求めるものはなんでしょう?」

今日は本格的なレース参戦をして結果を残してる人に向けて書いてません。

それはプロはもちろんですがアマチュアドライバーでも対象ではありません。

・これから何でもいいからレースに出てみたい

・スポーツ走行で他車と絡んでも安全に抜かされたい(ロスを抑えて)

・スポーツ走行で他車と絡んでも安全に抜かしたい(ロスを抑えて)

・もう参戦してるがバトルがうまくなってレースに勝ちたい

この上記に当てはまる方に質問ですが、

「上記の目標を達成するために何か練習しています?」

「達成するための手段は何を考えていますか?」

例えば、これらはサーキットのタイムを削るための練習をして身に付くのでしょうか。

もちろん、スポーツ走行やシミュレーターで最低限のドライビングスキルを身に着けるのは当たり前過ぎることです。

しかし、

「その先はどうやって他車との絡みの処理やバトルの駆け引きを学ぶのでしょうか?」

むしろ、

「実技試験みたいに実車でその技術や知識を教えてくれる先生はいますか?」

管理人が一番言われて悔しかった言葉を書きます。

「一人で走ると早いけど、バトルとか絡むと遅いな(笑)」

そうです!笑われたんです・・・

これはカートの時ですが、

マシンコントロールを覚えてるから一人で走ると早かったんです。でも絡むと遅いって最高にかっこ悪いです。

まだ言われるのはいいですが影でも言われてたかもしれません。

誰もがわかってるから答えを言いますが、バトルや他車との絡みの処理を学ぶには知識を入れたうえで何回も繰り返しやるしかないです。

では何でやるんですか?

金銭的、身体的リスクが一番低いもので学ぶのがいいですよね。

それともあなたは一番危険な実車で初歩から学ぶんですか?

そして最後に普通の人が間違えてるステップがあります。

「完璧主義」です。

これはビジネスだと最悪の方法で、これで成功している人はいないと言われています。

理由は、完璧なんてない、そして、

「テストとフィードバックができないから改善できない」

もっと早くなってから、次のステップに行こうと考えてる人に質問です。

「最高峰のF1ドライバーはF1に乗ってからF1のスキルを付けたのですか?」


>>これが一番最高の練習材料


PS


レースには出ない、スポーツ走行でタイムが上がればいいという人だって抜かし方や抜かされ方でロスタイムに雲泥の差が出ます。
そして、

ここで抜くな!

ここで抜かせろ!

そういう主張や心理的な駆け引きも知識があって要点を抑えないと使えません。

それはスポーツ走行だって全く同じです。


>>あなたはそれを知りたくはないか??


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。
皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※注意事項※▽

モタドラメール会員になることによってレーシングドライバーの動画トレーニングが見ることができます。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

投稿者プロフィール

ishizaki kazushi
ishizaki kazushiモータースポーツ一家で弟は全日本ライダーにもなってるが2輪には興味があまりなく車大好きすぎて色んな大変な思いをしてきた車馬鹿です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る