「いわゆるレンタルカートという車両の勧め」

モタドラ「いわゆるレンタルカートという車両の勧め」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「いわゆるレンタルカートという車両の勧め」

ビレルN35という車両はいわゆるレンタルカートと言われています。

誰でも借りることができるからレンタルカートというのでしょう。

しかし、名前からすると相当、舐めてかかられる傾向があります(笑)

N35の特徴としては、レーシングカートよりも重く、パワーが低く、そしてグリップも低いです。

つまりレーシングカートの乗り方だけではタイムは出せません。

ハードブレーキでブレーキングドリフトして向きを変えてアクセルをパチンと踏み込んでもタイムは出ません。

いわゆる待ちの時間を作った丁寧な運転が早いです。

見ていて激しさはなく、ヌル~としたようなドライビングかもしれません。

特にすこしタイトなコーナーではブレーキと荷重移動でオーバー状況を作り出して、止めすぎず早い速度で旋回させていき、クリップからアクセルを踏んでいける角度に旋回がおわるまで何もしない状況で待ちを作ります。

リアが巻いてきてゼロカウンターで合わせていく感じです。

待ちの時間は慣性ドリフトしている状況です。

これはかなり難しいですが、N35の超上級としてはいわゆる立ち上がり重視というラインはないと思います。

(これは雨ですらあからさまな立ち上がり重視は距離損します。)

早い速度で鋭角にターンインをできる方が距離損をしないし、早い速度からだと蹴り出しが早いです。

そして当然、早い速度で旋回していて、リアに荷重が乗っていないのでパチンとアクセルを踏んだらスライドをしてロスをします。

もちろんリアの荷重移動を意識しながらじわっとアクセルを開けます。

とにかく縦方向のグリップを意識して走ることが重要かもしれません。

N35をお勧めしたい人はアマチュアで4輪のタイムアップを目指してる人かもしれません。

例え少しのスライドでもタイムロスが顕著でとにかく丁寧で待ちを作れるドライビングが身に付きます。


>>N35があるFドリーム平塚


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

※注意事項※▽

管理人が執筆している文章に関しては、モータースポーツに関する教育を受けたことがない一般人も対象に執筆しています。一般人がイメージをしやすい文章を心掛けているので、間違いではありませんが、より正確な表現というものに重きを置いていません。
管理人のコンテンツに関しては協賛ドライバーの言葉で表現はされていません。中上級者以上の会員様で具体的な内容をコーチング受けたい場合は協賛ドライバーのコンテンツを参考にしてください。」

※「問い合わせの活用に関して」※


モータースポーツに関する質問をに受け付けております。
頂いたご質問は協賛ドライバー及び関係者に確認取り、正確な内容でお答えします。
また活用できるご質問であれば記事として取り上げさせていただきます。
是非ご利用ください。

>>お問い合わせはコチラから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る