「ドライビングはすべて回転運動で成り立つ」

モタドラ:「ドライビングはすべて回転運動で成り立つ」

▽モタドラ無料メルマガ登録▽

【期間限定】無料メルマガ登録で1回70000円相当のレクチャーが無料で受けれます。

GT500チャンピオンの動画トレーニングや富士スピードウェイ86レーサーズ最速の手法など。

▽より実践的なトレーニング内容を無料で受けたい方は下記よりご登録▽

■名前

■メールアドレス(必須)


「ドライビングはすべて回転運動で成り立つ」

今日は車を物理の観点から説明している文献をネットで見ていました・・・

・スリップアングル・横力

・ヨーモーメント

・自転運動

・公転運動

・求心力

・遠心力

重心に働くヨーモーメントM’’がM’’=M-M’に変化する

からの~

ここらへんでやめておきましょう・・・(汗)

完全に眠くなりますね。

はっきり言ってここまで知る必要は全くないです。

いや、考えれば逆にドライビングテクニックは上達しません。

以前に、紹介したもので、考えすぎるとパフォーマンスを低下させるというのがその理由ですね。

ドライビングにおける複雑な物理現象はすべてタイヤが担当してくれているので、

僕たちは基本的な知識と、それに関連したタイヤのサインを感じ取ることに全精力を集中すればドライビングテクニックは上達します。

ちなみにすべて回転運動とタイトルに書きましたが、

車が定常円旋回するのは、(ドリフトではないです)

地球が太陽の周りを自転しながら、公転するという話とまったく同じ現象で動いているそうです!(笑)

あくまでも宇宙での一つの運動なんですね・・・

回転運動と慣性が車を動かすんですね。

曲がるという行為も、アクセルオンのオーバーステアもブレーキングオーバーステアもすべて同じヨーモーメントが要因となっているのは知っていましたか?

アンダーステアもオーバーステアもきっかけは色んな種類がありますが、物理的
な現象としてはすべて同じ力が働いています。

その力とタイヤのグリップ力の関係で成り立っています。

つまりそれを理解すると、対処法が自分で理論的に導き出すことは可能になりますよね?

一言で表すと、

前後のタイヤのグリップ力のコントロールで回転運動をコントロールするのが「曲がる」というテクニックと言えます・・・

アクセル、ブレーキ、ステア操作でそれをコントロールできます。

もちろん、回数は重ねないとマスターはできませんが。

そこの先にセッティングが出てきますね。

自分でも毛嫌いしないで少し調べてみるといいと思います。

ドライビングテクニックの上達に行き詰まったとき、

物理法則という不変のものにヒントを求めると安心して進める一面もあると思います。

テクニックはすべて物理法則の上で存在するものです。


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。

▽モタドラ無料メルマガ登録▽
モタドラ一流のスポンサーの情報発信を無料で見れて、イベント、トレーニングの参加権利がもらえます。※ここの情報の価値とは?

「モタドラで情報発信するスポンサーは、スポンサー同士での審査をクリアーした者だけです。つまり各分野で実績と信用があると認められているので情報の価値としては必然的に超優良なものです」

■名前

■メールアドレス(必須)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る