「ブレーキのパターンが一つなんだよね・・・」

モタドラ、「ブレーキのパターンが一つなんだよね・・・」

 
ブレーキのパターンが一つなんだよね・・・

これもTVCにいるときに、ドライバーの走行を見ながら砂子塾長がつぶやいていた一言でした。

普通の人からしたらブレーキは踏めば止まるんでしょ?

なんのパターンがあるんだってことですよね(笑)

僕が砂子塾長や竹内浩典氏について学ぶことがある中で知ったブレーキの種類は使い方や考え方を含めたら何種類もありますが、状況で表すと2種類だと思います。

・車体をまっすぐにしてやるビックブレーキ

縦グリップを100%使うやつですね。

・コーナリング中にやるブレーキですね

感覚的には1~3割くらいですかね?

富士スピードウェイだと3セクターですね。

曲げるブレーキというやつですね。

※(砂子塾長が見るのは主にブレーキの踏力波形のパターンのことだと思います。)

ちなみにコーナリング中にトンってちょい強めに踏んでリアを強制的に浮かせるブレーキみたいなものもあります。

これは特殊技能で僕は使えません(苦笑)

富士のAコーナーでは特に・・・

むしろこれはベーシックな運転ではないのでアマチュアにはお勧めもしません。

86レーサーズでは竹内さんは富士スピードウェイではAコーナーと13コーナーでやります。

意味は出口に対して一瞬でまっすぐにするのだと思いますが、

これは86レーサーズの車両だからこそできるのかもしれません。これに関してはなかなか体験してるひともいないので、また次回、別で書こうと思います。

話は戻りますが、砂子塾長や竹内氏がよく言うのはブレーキ波形に関してです。

特にダメなのはロガーでみてストンって落ちる抜きのブレーキができずにスイッチになってるやつですね。

ブレーキを抜いていくのは前輪の縦グリップに使ってる荷重を徐々に抜いていってコーナリングに使う横グリップのキャパを戻す作業だと聞きました。

もしそこで、パッとブレーキを離すと一気に前荷重がぬけます。

当然、サスペンションの姿勢が一気に戻り前輪のグリップも落ちるわけですから、

単純に適正な速度に落ちてなければアンダー誘発ですよね。

管理人も最初、86レーサーズで1コーナーのターンインで止めすぎで余ってパッとブレーキを離していました。

急激にサスペンションが戻ってキーっと高い音をだしてアンダーを出しているのが動画でもわかりました(苦笑)

地面を掴んでいたタイヤが急に離したらそれは曲がってくれませんよね。

管理人が一般道ですごい気を使って練習するようになったことがあります。

「信号で止まるときにきれいにブレーキを抜けたときっていつ完全停車したかわからないですよね?」

0まで滑らかにサスペンションが戻ってるんですね。

※ちなみにこれはサーキット用みたいなギュッと効く高性能パットじゃないと意味がないかも。効きが弱いのは簡単なんで。

これでよくわかったことがあります。

ハンドルでもブレーキでも急な操作はサスペンションが適切な動きができないんだなと・・・

じつはシミュレーターでも僕がタイムが上がり始めたきっかけは抜きのブレーキを超意識し始めてからです。

きっかけはこんなような言葉があったんです。

ある昔のF1チャンピョンがなんで勝てたかみたいな質問に、

「誰よりもうまくブレーキが戻せるから」

みたいなことを言ってたそうです。

※文章の正確さは確かではありません。

そして例の信号で抜きブレーキでいつ止まったかわからない練習をするべきと・・・

モータースポーツはブレーキに始まってブレーキに終わるのではないでしょうか?

今日は砂子塾長の言葉で締めくくります。

「車も女性のように丁寧に扱わないとダメだよ」

激しいのが好きな女もいるっていう突っ込みはうけつけません(笑)


>>TVCで確実にスキル上げれるイベントはこちら


※皆さんにお願いがあります※


このサイトはモータースポーツファンに正しい知識を伝えてモータースポーツ発展に尽力するために協賛者たちと協力して運営してます。

皆さんがメルマガ登録をしてくれるとこのサイトが一層知れ渡ります。
皆さんのお力添えを心より願っております。


▽モタドラ無料メルマガ登録▽
モタドラ一流のスポンサーの情報発信を無料で見れて、イベント、トレーニングの参加権利がもらえます。※ここの情報の価値とは?

「モタドラで情報発信するスポンサーは、スポンサー同士での審査をクリアーした者だけです。つまり各分野で実績と信用があると認められているので情報の価値としては必然的に超優良なものです」

■名前
■メールアドレス(必須)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る