竹内浩典様のご紹介

モタドラの協賛ドライバーの竹内浩典様のご紹介

協賛ドライバー竹内浩典様のご紹介ページです。

経歴

神奈川県横浜市出身
1964年12月22日(52歳)
レース歴 31年

竹内氏がプロデュースの86レーシングカーレンタルシステムは>>コチラ

竹内氏がプロデュースのフォーミュラカーレンタル走行システムは>>コチラ

※お願い※


ご利用になられる際はモタドラを見ましたと言ってください。

『日頃の読者ということでより実践的な教育をして頂けます。』

 

竹内氏が経営する株式会社SHIFTは>>コチラ

 

1986 300kmレースに21歳でレースデビュー。
1987-1988 富士フレッシュマン レビントレノクラスに参戦。
1989 富士フレッシュマン レビントレノクラス シリーズチャンピオンを獲得。
1991 全日本グループAレースにBMW M3で参戦。
1994-2004 N1耐久レース(スーパー耐久)に日産GTR及びポルシェで参戦。5年連続6回のシリーズチャンピオンを獲得する。
ファルケンタイヤ開発ドライバーとして10年間タイヤ開発に従事する。
1995 全日本GT選手権 2クラス RE雨宮RX7で参戦。(シリーズ2位 優勝2回)
1996-1998 全日本ツーリングカー選手権(JTCC)デンソーエクシブ、デンソーチェイサーで参戦。(最高位シリーズ3位)
1996-2003 全日本GT選手権(JGTC)GT500クラスにトヨタワークスチームセルモより参戦。 2001年GT500クラス シリーズチャンピオン獲得。
トヨタレーシングカー開発ドライバー及びブリヂストンタイヤ開発ドライバーとして従事する。
2004 自らのチーム「TEAM TAKEUCHI」を発足し、スーパーGTシリーズにトヨタセリカで参戦。
2005-2006 スーパーGTレースに、トヨタ自動車の若手ドライバー育成プロジェクトで選ばれたドライバーとコンビを組んで参戦。
韓国のタイヤメーカーであるクムホタイヤともジョイントし、鈴鹿1000kmレースで優勝し、韓国タイヤ初のビックレース制覇に貢献する。
2007 株式会社シフトを設立。代表取締役に就任し、レーシングカーメンテナンス業を手掛ける。
2007 レクサスIS350のレーシングカーを製作。GT300クラスに参戦。
2008-2009 トヨタセルモインギングの監督に就任。スーパーGT及びスーパーフォーミュラーレースの総監督を務める。

アートテイストレーシングチームのドライバー及び監督に就任。スーパー耐久レースにポルシェで参戦。

2008-2009 GREENTEC&LEONレーシングを発足し、メルセデスベンツSLS AMG GT3でスーパーGTにドライバーとして5年振りに復帰を果たす。
2010-2011 GT参戦通算100戦の表彰を受ける。また同年度よりGTエントラント協会 副会長を務める。
2012 OKINAWA-IMP RACING TEAMを発足。SLS AMG GT3 でSGTに参戦。シリーズランキング5位を獲得。
2014 株式会社SCR・JAPANを設立し、新しいレースカテゴリーとしてSUPER CAR RACE(SCR)を創設、5大会10戦を開催する。

ランボルギーニブランパントロフェオレースアジアシリーズにドライバーとして参戦し3勝する。

2015 SUPER CAR RACEを、6大会10戦開催。ドライバーとしてもSCRにフェラーリ458チャレンジで参戦する。

体験型子供交通安全教室である『Kids Traffic Safety School Projects』を企画創設し、SCR併催イベントとして運営する。

2016 スーパーGTチームディレクションスーパーバイザー。SUPER CAR RACE主催代表。ランボルギーニブランパントロフィオレース鈴鹿大会参戦。

86RACER`S代表及びアドバイザー。

インストラクター経歴 トヨタレーシングドライバーミーティング(TRDM)/ フォーミュラトヨタレーシングスクール / FSWプライベートレッスン /
86RACER`S / AMGドライビングアカデミー / 他自動車メーカー研修会 /

投稿者プロフィール

ishizaki kazushi
ishizaki kazushiモータースポーツ一家で弟は全日本ライダーにもなってるが2輪には興味があまりなく車大好きすぎて色んな大変な思いをしてきた車馬鹿です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る