ドライビング伝道師の砂子塾長のご紹介

モタドラの協賛ドライバーのドライビング伝道師の砂子智彦様のご紹介

協賛ドライバードライビング伝道師の砂子塾長のご紹介ページです。

経歴
砂子塾長 1985年20歳で4輪レースデビュー。以後、日本のトップレーシングドライバーとして、全日本F3選手権やおもにスーパー耐久、
スーパーGTで活躍。スーパー耐久では二度のシリーズチャンピオンを獲得。
1998年5月3日富士スピードウェイで行われた全日本GT選手権で炎に包まれる大クラッシュ。
火傷、全身打撲、右膝粉砕開放骨折の重傷を負うも、僅か半年後の11月に奇跡の復活を果たす。
多くのファンの惜しむ声の中、2008年11月16日を最後のレースとして現役を引退。引退セレモニーは大観衆に包まれた。
ドライビング塾『砂子塾』を主催。塾生は全国に100名を越え、砂子塾長の名で多くのファンというより『信者?』を持つカリスマ。
また、雑誌執筆やTVキャスターとしても長年に渡り活躍した。

現在は東京バーチャルサーキットにて若手ドライバーの育成を行っている。
交通安全指導などを通じて正しいドライビングなどもを広めている。

ドライビング伝道師砂子塾長がインストラクターをされている東京バーチャルサーキットの紹介は>>コチラから

投稿者プロフィール

ishizaki kazushi
ishizaki kazushiモータースポーツ一家で弟は全日本ライダーにもなってるが2輪には興味があまりなく車大好きすぎて色んな大変な思いをしてきた車馬鹿です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

モタドラ:事故の写真1

2017-3-7

サーキット保険

ページ上部へ戻る